Raphael Sebbag

French born of Moroccan descent, Raphael was an instrumental figure in establishing and supporting Tokyo's young club scene in the 90's, a scene he still participates in actively today. He was a member of the unit United Future Organization, key instigators of the Club Jazz sound. It wouldn't be too much to say he is truly favored by the gods of music, as everything he produces seems to garner overwhelming support across the board.

モロッコ系フランス人、東京在住、職業:DJ. 1991年にUnited Future Organization(U.F.O)結成。同年1stシングルを発表。1993年ジャイルス・ピーターソンが主宰する英国「Talkin' Loud」レーベルと契約。その翌年米国のレーベル「VERVE」と契約。世界最大規模のジャズフェスティバル、モントルージャズフェスティバルに出演。 3rdアルバムからの楽曲はヨーロッパのフォード社のCMに起用され話題を集める。5枚のオリジナルアルバムは32カ国で発売され、国内外の高い

[Company Info & Contact]